環境体感 エシカル・スポーツ
第19回RIVER RAIDが
開催されました

「国際家族年」を迎えた1994年、「人とクルマと自然の共生」をテーマに、家族や友人達と川の源流部に育まれる多様な生物や美しい自然の原風景を楽しみたいと、第1回「リバーレイド」を開催しました。

足かけ22年になるリバーレイドの中で最も印象的な出来事は、川根本町の八木キャンプ場に400人の参加者を迎えた時のこと。1泊2日の開催が無事終了した翌朝、軽トラックで後片付けに向かったのですが、広いキャンプ場を見渡してもゴミが見当たりません。早朝から集合した役場の皆さんと青年会の若者がすでに回収した後で、ピンク、ブルー、ホワイトの袋を50個ほど、まるでフランス国旗のようにきれいに分別してくれていたのです。

参加者の環境意識の高さはもとより、地元の皆さんが陰ながら河川の美化を推進している姿に触れ、自然環境保護が努力によって保たれていることに心を打たれました。このような取り組みが評価され、2010年、リバーレイドは「COP10(生物多様性条約第10回締約会議)」のパートナーシップ事業に認定されました。

台風被害などの影響でしばらくお休みしていたリバーレイドが今秋、奥大井に帰って来ました。参加された皆さんは「エシカル・スポーツ」と言う“川遊び”を通して川面を彩る植物の生命力と動物の逞しさ、その多様性を感じる事が出来たと思います。

笑顔いっぱいの素晴らしいリバーレイドを開催出来たのは、ご参加いただいたリバーレイダーの皆様、ご協力いただいた皆様のお陰に他なりません。厚く御礼申し上げます。

次回「20thリバーレイド」でまたお会いしましょう。

リバーレイド発案者 自動車環境探求家

横田 紀一郎